パソコン本体や周辺機器のおすすめをご紹介

Endeavorシリーズ

第7世代CPUからコア数が増加し、従来のモデルが搭載していたCPUから約47%とおおきくパフォーマンスの上昇が実現しました。応答速度の向上、ソフトウェアの処理時間が短縮され、作業時間が大幅に効率化されています。

高速で大容量の最大64GBのメモリーを搭載可能で多くのメモリー容量を確保することで、メモリーからあふれたデータをストレージに書き込み処理速度を向上させることが可能となっています。
CADや画像編集など、メモリー消費が大きくなるソフトウェアを扱うことでPCを使用する場合には性能の良いメモリを使用することをオススメされています。

CPUやメモリ等必要な性能の分を搭載することができますので、自分の指標に応じた性能のPCを注文していただくことが出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。